札幌から新千歳空港までJRでの行き方とは?

札幌から新千歳空港

 

「札幌から新千歳空港の行き方は?」「JRとバスどっちがいい?」
札幌から新千歳空港までのアクセスは、JR・バス・車など複数の方法があります。はじめて空港に行く方は、どの交通手段を選べばいいか迷いますよね。

 

まず結論から。新千歳空港まではJRしかありえません。

 

なぜJRしかないのかというと、バスや車は遅れる可能性があるから。これから飛行機に乗るなら、搭乗手続きに間に合わないとなりませんよね。

 

具体的に、札幌から新千歳空港までどのようにJRで行くのか解説していきます。

 

札幌から新千歳空港まではJRを使うのが一般的

札幌から新千歳空港

 

これから飛行機に乗る、札幌から新千歳空港に向かう方は、JRのみを選びましょう。電車なら遅れるリスクが少なく、1,000円程度で行けるからです。

 

片道1,000円程度で行ける

札幌駅から新千歳空港までは、片道1,150円です。往復料金だと2,300円かかります。札幌駅まで移動する方は、札幌駅までの電車賃も考慮してください。

 

片道1時間程度で移動ができる

札幌駅から新千歳空港までは、乗車時間37分です。距離にすると46.6kmです。

 

乗車する列車は「快速エアポート」です。札幌駅から新千歳空港までは、15分おきに出ています。

 

快速エアポートは、「721系」「733系」の2つの列車です。札幌駅にとまるほか、手稲駅・琴似駅・北広島駅・恵庭駅・千歳駅・南千歳駅にも停車します。

 

733系の列車はロングシートを採用しています。座席タイプのシートを利用したい場合は、721系の列車を使ってください。

 

JRは空港直結で雨や雪に濡れない

新千歳空港へのアクセスはJRがおすすめなのは、JR利用だと空港直結だからです。北海道の場合は雪の問題もあるため、JR駅から空港直結だと便利です。

 

直結なら、寒い冬でも、暑い夏でも天候に左右されません。

 

JRで新千歳空港まで行く場合の6つの注意点

札幌から新千歳空港

 

JRで札幌から新千歳空港まで行く場合、いくつか注意点があります。とくに飛行機に乗るのがはじめての方は、移動時間に注意してください。

 

1・改札口から空港まで混雑している可能性があり

新千歳空港駅に到着したら、空港にある航空会社のカウンターに行かなければなりません。空いている時間帯なら列車到着から5分程度ですが、混雑している時間帯は移動に時間がかかるので注意しましょう。

 

とくに混雑しやすいのが、ターミナルに上がるエスカレーターです。エスカレーターは急いでいる人用に片側をあけるのが一般的で、急いでいるならエスカレーターを歩くと速いです。

 

またエスカレーターを降りると、お土産屋さんがあります。混みあう時間帯だと、お土産屋さん周辺も人が多く、通過に時間がかかると思っておきましょう。

 

2・手荷物検査通過は15分前までに通過すること

札幌から新千歳空港

 

各航空会社によっても異なりますが、15分前に手荷物検査を締め切るところが多いです。そのため飛行機の時間から最低でも15分前までに、搭乗手続きを済ませなければなりません。

 

新千歳空港に慣れている人なら、電車到着から搭乗手続き締め切りまで40分あれば間に合います。しかしそれは空港に慣れていることが大前提です。

 

空港に慣れているとは、チェックインカウンター・手荷物検査場がどこか把握している場合です。慣れていない人は最低でも、空港へ1時間前に到着するようスケジュールを組んでいます。

 

3・Suicaの残高を事前にチェックしておくこと

札幌から出ている快速エアポートは、Suicaなどの交通系ICカード乗車券が使えます。ほかにもKitaca、PASMOなども使用が可能です。Suicaを使う場合は、残高が充分にあるかチェックしておきましょう。

 

4・新千歳空港行き快速エアポートの乗り場は5番・6番が多い

快速エアポートの乗り場は、5番線か6番線が多いようです。しかし車両事故などで電車が遅れると、ホームは変わります。5番か6番だと過信せず、乗車する前に電光掲示板で確認してください。

 

5・雪が降る時期は遅れを覚悟すること

雪が降る季節は、JRが遅れる可能性も考慮しておきましょう。札幌と比べて千歳市は雪が少ないので、札幌のみ大雪の場合も少なくありません。

 

6・通勤や通学時間だと座れない可能性がある

快速エアポートは、通学や通勤の方も利用します。小樽から札幌、新千歳空港間を結ぶ列車なので、朝や夕方に混雑します。

 

新千歳空港発の列車なら確実に座れます。しかし札幌から快速エアポートに乗る場合は、37分ずっと立ちっぱなしになるリスクも考えてください。

 

札幌駅から確実に座りたいなら、指定席の「uシート」を購入しましょう。+530円で確実に座れます。ネットで座席の予約ができる「えきネット」を使うと簡単です。

 

リンク:えきネット

 

7・早朝出発なら宿泊も考える

快速エアポートは、6時16分が始発です。6時55分に札幌を出ると、新千歳空港に6時54分に到着します。

 

始発の電車で間に合わないような便の場合は、空港内での宿泊も考えましょう。「新千歳空港温泉」なら、入浴料1,500円+深夜料金1,500円で仮眠が取れます。深夜料金を支払うと、無料で朝食も付いてきます。

 

 

新千歳空港から札幌に向かう場合の注意点とは?

札幌から新千歳空港

 

札幌から新千歳空港の行きも注意点がありますが、帰りも注意したいことがあります。飛行機の便によってはJRで帰れないこともあるので、事前に確認しておきましょう。

 

新千歳空港発は23時くらいまでなので乗り遅れに注意

新千歳空港発、札幌行きの快速エアポートは、22時53分が最終です。22時53分の電車に乗り遅れると、JRで札幌に帰る手段がなくなります。

 

 

深夜便を使って札幌に帰ろう

JRの最終に乗り遅れた場合は、札幌行きの深夜便を利用してください。新千歳空港は早朝や深夜の便も運航するようになったため、便に合わせてJRやバスの深夜便もあります。詳しくは北海道の公式ページで確認できます。

 

 

札幌から新千歳空港までバス利用はおすすめできない

札幌から新千歳空港までは、バスを利用する方法もあります。料金だけを比べるとバスのほうが安いのです。しかしバスはおすすめせきません。

 

バスだと道路状況により遅れがち

札幌駅周辺から出る高速バスは、市内を出るだけで時間をくいます。札幌駅から北広島ICまで移動する時間がかかるので、思ったより速くありません。

 

札幌から高速バスで速く移動するなら、札幌北ICから高速に乗るバスを選んでください。札幌駅中心部は車で混みあいやすく、冬は最悪です。

 

新千歳空港までのバスは、北斗交通か北海道中央バスが使えます。料金は、札幌駅・大通り・すすきのまでなら1,100円です。

 

 

高速道路での事故で通行止めがおきる

高速バスは、高速道路で事故があれば通行止めになってしまいます。北海道は雪道で頻繁に事故がおこり、高速道路が止まるので注意しましょう。

 

高速道路が通行止めとなれば、下を通らなければならず、かなりの時間がかかります。雪がない日も朝だと遅れやすいので、バス利用はおすすめできません。

 

札幌から新千歳空港まではJRを使おう

札幌から新千歳空港

 

札幌から新千歳空港までは、JR利用がおすすめです。

  • 1,150円でバスの料金と大きく変わらない
  • 37分で空港まで到着する
  • 雪の影響を受けにくく延滞リスクがない

料金的にも、時間の面でもJR利用がおすすめです。

 

帰りの場合はバス利用でもいいかもしれませんが、時間のロスを考えるとJRが便利です。終電を逃してJRを使えない場合だけ、深夜バスを使うようにしましょう。