「セーコマ」「セコマ」どっち?住んでる場所でわかる呼び方

セーコマ

 

セイコーマートのことを「セーコマ」と聞いて、「あれ?セコマじゃない?」と思った方もいるはず。実は北海道の住んでいる場所によって、呼び方が違うみたいなのです。セイコーマートの略称について迫ってみました。

 

「セーコマ」「セコマ」どっちで呼ぶ?

セイコーマートの略称で多いのが、「セーコマ」と「セコマ」です。ほかにも「セイコマ」なんて呼び方もあるそうです。あなたはどっちで呼んでいますか?

 

セーコマは札幌以外の人が多い

セイコーマートの略称で人気なのが、「セーコマ」です。Twitterに投稿された内容を調べて見ると、札幌市以外の人が使っている様子。

 

異なる呼び方の「セイコマ」は「セーコマ」が変化したものなのか・・・。どちらも発音の仕方によって、セイコマにもセーコマにも聞こえますよね。

 

セコマは札幌市在住の人が使っている

一方で「セコマ」と呼ぶ人が多いのが、札幌在住の人たちです。私も札幌に住んで長いので、セイコーマートの略称は「セコマ」だと思っていました。

 

個人的にセイコーマートは略さず、「セイコーマート」と呼ぶ派です。もちろん札幌市在住の方でも、「セーコマ」や「セイコマ」と呼ぶ方もいます。

 

セイコーマートの社名が「セコマ」に変わる

2016年4月に、セイコーマートの社名が「セコマ」に変更され話題になりました。社名が変更されても、お店の看板に提示されている「セーコーマート」の文字に変更はありません。

 

社名が「セコマ」に変更された理由は、大手企業はカタカナ3文字が多いからだそう。う~ん。本当に3文字のほうが呼びやすい?親しみがある?

 

創業は1971年で北区に第一号が誕生した

北海道民にとってセイコーマートはあって当たり前の存在ですが、創業を知っている方は少ないです。セイコーマートが北海道にはじめて誕生したのは、1971年のことです。

 

1971年のころ、ちょうど札幌は冬季オリンピックが開催されました。そしてセイコーマート第一号店は、札幌市北区に誕生したそうです。

 

セイコーマートおすすめはホットシェフフライドチキン

セーコマ

 

北海道民にセイコーマートが愛されるのは、次のような理由があるからです。

  • お店で手作りしている
  • 大きなおにぎりが安い
  • 100円パスタがお買い得
  • 野菜やジンギスカンも買える
  • メロンアイスがある

 

北海道は田舎に行くと近くにスーパーがない地域も多く、そんな場所でもセイコーマートはあります!牛乳・卵・野菜・ジンギスカンなど、普段ならスーパーで買うような食材が置いてあるのも、北海道ならではのサービスなんですね。

 

近くにセイコーマートがあれば、わざわざ遠くのスーパーまで買出しに行く必要はありません。生鮮食品類はスーパー並みの安さで、お手頃なのも嬉しいところ。

 

北海道民に愛されるセイコーマートですが、北海道観光に来た方にも是非訪れて欲しいです。中でもおすすめなのが、ホットシェフ提供のフライドチキンです。

 

ホットシェフのフライドチキンは激ウマ

セイコーマートのホットシェフとは、お店で手作りするお惣菜&お弁当コーナーのこと。近くに住む主婦などが働いていて、手作り感があるのが魅力。

 

フライドチキンは、揚げたての味が食べられるよう、温かい状態で提供されています。価格は260円前後でやや高い感じがしますが、食べて見るとお肉が柔らかくジューシーです。

 

手作り感があるフライドチキンのため、そのまま食べてOK、おやつにもOK、ご飯のお供にもOKです。

 

今後はセコマに統一されるのか?

地域によって呼び方が違うセーコーマート。セーコマ・セイコマ・セコマなどと呼ばれていますが、社名が「セコマ」になったことで統一されるのでしょうか?

 

恐らく・・・されないのではないかと。

 

北海道に住んでいる人はあまり細かいことを気にしない方が多く、社名がセコマに変わっても、呼び方が変わるわけじゃないですよね。今までセーコマと呼んでいた方は、今後もセーコマで変わらないのだと思います。

 

ということで、私も従来通りセーコーマートで通そうと思います。北海道旅行をしたときは、セイコーマートの呼び方を思い出してみてくださいね。